DJ HIGHSCHOOL - Boys And Girls

販売価格 1,620円(内税)
購入数

Label: Royalty Club / RC SLUM
Format: CD
盤質:NEW ジャケット:NEW
2017

RC SLUMのMIX専門サブ・レーベルとして旗揚げした「ROYALTY CLUB」、BUSHMINDにつづく第3弾は同SEMISHUKEIより、DJ HIGHSCHOOL!EBBTIDEとしてはこの人も言わずもがなでしょう!ナーミン!

-info-
これはとても幸福な気持ちになるMIXCD――45分あまりの旅――であり、DJ HIGHSCHOOLのオープンマインドな音楽センスを改めて堪能できる。アフロ・キューバンとダブとハワイアンの混合(!??)を思わせる呪術的だがやたらと能天気な曲から幕を開け、美しい女性のヴォーカルと豪勢なオーケストレーションによる天国にいるかのような夢見心地のムード・ソウルへと続く(雲の上にいるような心地良さ!)。そして、ここから現代の男性R&Bシンガーのエレクトリック・ソウルへと一気に時代をこえていく。この時点で勝負アリだ。あとは音に身を任せていればいい。45分という長さもちょうどいい。トラップや現代のR&Bが大好きな人はもちろん、逆にその手の音楽が苦手な人にも聴いてみて欲しい。また、数十年前の美しい音楽に出会いたい人にもおすすめだ。DJ HIGHSCHOOLは過去の音楽をトリップと共によみがえらせ、現代の音楽を不思議な時代感覚で聞かせる。キュートでブリリアント。秘密のトラックリストも手に入れた人は見ることができる。

【SHORT STORY】
月曜までの名古屋はひと月以上雨が降らず空気がとても乾燥していて花粉や黄砂がビル風に舞いとても鬱陶しい天気だった。
その日はOWLBEATSが刺青を彫りたいと言うので二人で親戚の彫り師の道場に行ったのだけど、相変わらず話が長くて彫り終わるまでに6時間はかかった。25時を過ぎた頃に雨が降り出していたので帰りの足に困った我々は、女子大でケバブを食べていると言うMIKUMARIに迎えを頼んだ。その電話の前にはワセリンを塗り終わっていたのでもう席を立てると高を括っていたんだけど、そこから1時間ほどMIKUMARIを待たせることになってしまった。その間にMIKUMARIから「ハラクダリと一緒だからマックに行ってくる。」「おいまだか?明日朝早いんじゃ!」という催促の電話が3回あった。その2回目の電話をスピーカーフォンにして「はよせーや!」って言ってるところを彫り師に聞かせたりした。やっとティンバを履いた時は28時を回っていてMIKUMARIはカンカンだったけどOWLBEATSは嬉しそうだったのでまぁ良いかと思った。

火曜日の正午になっても雨は続いていてが夕方には降り止んだ。雨が降り止む1時間ほど前にGMAILをチェックするとDJ HIGHSCHOOLからMAILが届いていてBOYS AND GIRLSが添付されたいた。ダウンロードしてトーストに入れて一度CD-Rに焼いてからBOSEのCDプレイヤーに入れて少しだけLOWを強くして再生ボタンを押した。窓を開けると雨上がりの街に夕日が沈んでいて、音楽と景色と少し暖かくなり始めた街の温度がとてもマッチしていた。窓を閉めると、携帯がメールの着信を告げて送信元はMIKUMARIだった。内容を確認するとTODAY WAS GOOD DAYだって!!直ぐにコールバックして「みっくん、飲みにいこ?、おっさんのMIX届いたよ?、きょうちゃんは?カズオは?」



WDsounds


seminishukei


GSR


MIDNIGHT MEAL