MANTLE as MANDRILL - 365 of MANTEE THE SEXORCIST

販売価格 2,300円(内税)
購入数

Label:MAD 13 / SEXORCIST
Format:CD
盤質:NEW ジャケット:NEW 2018

MANTLE AS MANDRILL、複数のヴァイナル・シングルでのリリースを経て、ついにアルバム完成。
初回特典インスト盤付き。





-info-
平成から新しい時代を迎える直前の2018にベールを脱ぐMANTLE as MANDRILLのアルバム。怪しく黒光りする「美学」を主張するビートは忍び寄り姿を表す。 MANTLEが浮上するときGROUNDが揺れる。今までにVINYLだけでリリースされてきたそのHIP HOP MUSICにその続きの曲とREMIXをプラスした普通じゃない HIP HOP SHITSがコンパイルされた1stアルバム。 THE SEXORCIST、狂気のシーズンが始まる。これがMえANTLE "MANDRILL"、柔らかな光を纏った漆黒の男はビートを鳴らす。冷静と情熱の狭間を突き進むトラックと情景を描き出すススリリングなラップ。NIPPSとB.D.が。TETRAD THE GANG OF FOURが。THE SEXORCIST の新たなアーティストを祝福するように怪しく輝く刀を振り演舞する。トラックとラップ。聴くものの心を鼓舞する。黒さを受け継ぐMEGA-Gの鍛え抜かれたFLOW。真夜中にHOTBOXと化した厨房から産み出される黒い嗜好品は黙って首を振るのにはもってこいだ。BUDDHAの真意はMAFIAとして守られる。街道の奥にある LAB.より聴こえるビーツ。一説によるとウルトラマンの子供が作っているらしい。ここではMANTLEもしくはMANDRILLと呼ばれている男。静かに熱量を帯びた DOPEとユーモア。ジェダイに導かれるように揃うメンバーによる「ILL」なMURDER HIP HOP。CRACKだけどCRACKじゃないアンカットHIP HOP。Cracks Brothersがスピットを回す。「FEBB、KNZZ、HIBAHIHIとMANTLE」。完璧に伝わる光と闇の交錯するストリートとHIP HOP。 ここで濃度はどんどん高くなっていく。今までVINYLのみに吹き込まれていた並ではないKILLERなSHIT達が一堂に会する。トラックリストには手練れたちの名が並ぶ。輪郭が深く濃くなっていく。そこにはもちろんその先の話も収録されている。誰かの話もここに新たな命を吹き出す。北関東。THE SEXORCIST。HIP HOP。

1. BOILLING HOT feat. NIPPS & B.D.
2. KILLINGSHIT ~zatoich~ feat. TETRAD
3. MIDNIGHT KITCHEN feat. MEGA-G
4. 人間の証明 feat. TETRAD THE GANG OF FOUR
5. ブッダの日記 feat. BUDDHA MAFIA(NIPPS & CQ)
6. CATASTRO HIPHOP feat. KNZZ, FEBB & NIPPS
7. 周りは罠 ~緑の五枚刃~ feat. TETRAD THE GANG OF FOUR
8. BEAM ME UP SCHOTTY feat. Cracks Brothers, ROBERTA CRACK
9. JAPANSWORD feat. 飛葉飛火, KNZZ & FEBB
10. 周りは罠 ~MANDRILL RMX~ feat. TETRAD THE GANG OF FOUR


WDsounds


seminishukei


GSR


MIDNIGHT MEAL